目元のたるみ解消

目の下のたるみ改善方法の王道はやはりこんな感じの流れ

目元たるみ 改善

 

20代後半はお肌の曲がり角と言われても、特に自覚症状はなく特別なスキンケアもしていませんでした。

 

30代前半に二人の子供を出産してからは、毎日がバタバタでお肌のお手入れにかける時間もなく、自分のことは後回しでした。

 

そんなある晩、鏡に映った自分の顔を見てドキリ。

 

頬の位置が下がり、目の周りは窪んで、ハリがなくなっていることに気づいてしまいました。

 

目だけがやたらと目立つようになり、目の周りや頬は下がって、げっそりしていました。

 

すっかり老けたという事実に直面して、やっとスキンケアを見直すことにしました。

 

大体、20代から同じ化粧品を使っていたのも問題ですよね。

 

自分であれこれ調べた結果、目の周りの窪みは老化により筋肉が落ちたことが原因と分かり、日々のケアにマッサージを取り入れることにしました。

 

テレビを見たり、パソコンを使う時間が長い人は、筋肉が固まって、たるみの原因になるそうです。

 

表情筋を鍛えて、顔の緊張を取ると改善するようです。

 

顔だけでなく、頭皮のマッサージも効果的です。

 

頭皮と顔は一枚の皮膚で繋がっているので、頭皮を上に引っ張るようにマッサージをすると目の周りも血行がよくなって、スッキリとします。

 

目の周りは、優しく指の腹でツボを押すようにマッサージをします。

 

大変皮膚が薄い部分なので、こすりすぎないように気を付ける必要があります。こすりすぎると皮膚が傷んで、黒ずみになってしまいます。

 

また、化粧品も保湿力の高いものに変えました。

 

乾燥はシワの原因になりますので、ヒアルロン酸配合のたっぷり潤うものを選びました。

 

私の場合は、子供と一緒に外遊びをする機会が多いので、紫外線をたくさん浴びているんですよね。

 

帽子を被ったり、サングラスをして紫外線対策も万全にしました。

 

今日は、ずっと外にいたなぁという日は、化粧水をコットンに浸して、じっくりパックをしました。

 

あとは、人とお話しする時はイキイキと表情豊かにしていると少しは若々しく見られるかなと思っています。

 

日々のケアと若い気持ちで乗り切りたいと思います。