目元のたるみ解消

目元たるみ 印象

目の下にたるみがあると、年齢が若くてもなんだかとても疲れていて老けた印象の顔になってしまいます。

 

目の下がたるんでしまうのは眼輪筋という目の周りの筋肉が衰えることが原因の一つとして挙げられるので、自分で普段から眼輪筋を鍛えるエクササイズを行うことが大切になります。

 

顔の中には様々な筋肉がありますが、普段あまり大きく表情を変えることなく過ごしていると、顔の中の筋肉のほんの一部しか活用しなくなってしまいます。顔の筋肉も体の他の部分の筋肉と同じように鍛えなければどんどん衰えてしまうことにつながります。

 

筋肉が衰えてしまうことで、たとえば目の周囲にある脂肪組織などを抑える力が弱くなり、その結果脂肪組織が徐々に飛び出してきてしまうことで目の下にたるみや嫌なふくらみができてしまうことになります。

 

そんなことにならないために、目の下の部分を支える筋肉を効果的に鍛える効果が期待できるエクササイズがあります。

 

まずはあごを少し下に引いて上目遣いになります。そして口を思い切り縦に大きく開き、その状態のまま下瞼を使って目を開け閉めすることを繰り返します。この動作をすることで目の下の筋肉を使って目を開け閉めするようになるので、目の下の筋肉が鍛えられるというものです。

 

普段の瞬きをするときには通常はあまり目の下の筋肉を使わず、上瞼を開閉することで瞬きをします。ところがこのエクササイズを行うと、普段はあまり使うことのない下瞼を効果的に使うことができるので、筋肉が鍛えられ、筋肉の衰えによって下瞼にたるみができてしまうことを予防することができます。

 

でも、あまり人前でできる表情ではないので、たとえばトイレに入った時やお風呂に入っているときに行うなど、習慣にしてしまうのがおすすめです。