目元のたるみ 原因 むくみ

目の下のたるみ=むくみ説

目の下のたるみは、年齢とともに気になってきます。そして、目の下がはれぼったいような印象になります。この原因は主に、加齢からくる肌のハリ不足などがあげられます。いわゆる老化です。そして、それらに加えて、むくみの一種であることも考えられます。

 

たとえば、生理前はからだがむくみやすいといわれています。こういった時期には、やはり、顔もむくみやすくなります。この時、目の下もはれぼったくなり、たるみがあらわれたりします。こういった場合には、からだの余分な水分を排出することを考えるといいでしょう。

 

からだの余分な水分を排出するためには、いわゆる利尿効果のあるものを食べるようにするといいです。具体的にいうと、野菜や果物を積極的に食べるようにするといいのです。余分な水分というものは、目の下の細胞にもたまりやすいです。その結果として、目の下もはれぼったくなり、たるみとなるのです。食べるものに気をつけて、むくみを解消するようにしたいものです。

 

また、目の下のたるみというものは、加齢によるものも多いのです。ある程度の年齢になったら、年齢に合ったコスメを使うといいでしょう。肌年齢というものは、30代から意識したほうがいいと思われます。そして、年齢を意識するのは早ければ早いほど対策しやすいといえます。毎日のお手入れをひと工夫するだけで、目の下のたるみも防ぐことができるのです。

 

食事を工夫することに加えて、コスメを工夫してみるといいのです。そして、そういった意識が、40代や50代になった時に、肌の状態にあらわれるのです。ただ、肌は生活をあらわすものだともいわれます。その点を考えると、毎日の食事というものは大切にするべきでしょう。目の下のたるみも、食事内容で予防や改善が可能だと思われるのです。